双子妊娠の予感が当たった!不思議な予兆の体験談

スポンサーリンク
双子出産

こんばんは、花です(^^)

何を書こうかなと「双子妊娠」で検索をすると「双子妊娠 予感」と候補が出て来たので、私にもあったなーと思いだしました!

今回は双子を妊娠している予感(予兆?)の話を書きたいと思います。

スポンサーリンク

双子妊娠の予感!〈不妊治療~妊娠判定〉

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のため、不妊治療をしていました。
2度目の体外受精で運良く妊娠。

これだけ書くと、「体外受精で受精卵を2個戻したんじゃないの?」と思われそうですが、戻したのは1つ。

妊娠できたのは不妊治療のおかげですが、双子を妊娠したのは偶然というややこしいタイプです(笑)

不妊治療の専門病院に通っていたので、妊娠判定は血液検査になります。
着床後に分泌されるホルモンのhCGの数値で妊娠したのか、していないのかを調べてもらいます。

結果が出るまで、ネットで人の体外受精の体験記ばかり読んでたんですけど、その中で

「hCGが高いなと思ったら、双子だった!」という記述を発見。

 

その時は、「ふーん、そんなこともあるのか。」と思った程度。

hCGって、高いと妊娠継続率が良いというのは見たことがあるけれど、双子を妊娠していると高くなるというのは聞いたことがなかったし。

妊娠の超初期症状と言われるものも、特にありませんでした(>_<)

 

そして、判定の日。

事前にフライングで検査をしていたので、妊娠していること自体はわかった上で行きました。

先生に「しっかり数値がでています」と結果を見せられた時に、高めの数値だなーと思った瞬間、あの記述を思い出しました。

「hCGが高いと双子だったってあったけど、ま、違うよね。受精卵一つしか戻してないし。」と。

高めの数値とはいえ、異常な程でなく、先生が言われた通り「しっかり」程度だったと思います。

 

それからも、なぜか、頻繁に思い出し、「いや、双子ってことないよね??」と半ば言い聞かせのように考えていました。

だって、家族や親族にも双子はいないし、妊娠自体初めてで未知のことなのに、その上双子とか不安すぎますから( ;∀;)

 

それから、実家近くの人気の個人産院にすぐに予約を入れに行きました。

妊娠5週~6週の頃だったと思います。

不妊治療の病院は、心拍が確認できてから卒業となるので、2つの病院で診てもらっていたことになりますが、特に何も言われませんでした。

その頃も、何度も頭の中で「双子だったらどうしよう。。でも何も言われてないしな。」って、思っていました。

 

心拍も確認でき、不妊治療院も無事卒業。

分娩予約をした個人産院に、2度目の診察に行きました。

スポンサーリンク

双子妊娠の予感が当たった!〈双子発覚時のこと〉

主人も同席し、エコーで見てもらっていると、検査の人が長いこと黙ったまま。

しまいに、「院長、見てもらえますか??」と呼んできたので、
「まさか何かあった・・・?」とものすごく不安に(:_;)

そして一言。

「これツインやね。」

主人は「え?え?え?え?」ってなってたけれど、私は「本当に当たってしまった!」と内心思ってました。

でも、全く覚悟(?)はできてはいませんでした。
予感があってからも、見て見ぬふりしてきましたから(^^;)

なので、双子妊娠についての知識なんてほぼありませんでしたよ。

リスクの説明をいろいろされた後に、「何か質問ある?」と言われても「あ、ちょっとわかりません汗」ってなりましたね(笑)

双子妊娠の場合、早産の可能性も高く、NICUなどの設備が整っている病院で出産した方が良いということで分娩の予約はキャンセルに。

実家近くの大学病院で分娩予約を入れることになりました。

スポンサーリンク

双子妊娠の予感が当たった!〈まとめ〉

双子妊娠の予感が当たったのは、本当に不思議な体験でした。

「きっと双子を妊娠している!」ではなく、「双子だったらどうしよう」という根拠のない不安が何度も頭をよぎるという感じで、最終的に「やっぱりか・・・!」となりました。

もちろん今は、双子で生まれてきてくれて本当に良かったなと思いますよ(^^)

子供は2人欲しいなと思っていましたが、まさかいっぺんに来てくれるとは!

 

双子妊娠は、リスクが高く不安でしたが、2人が写るエコー写真を見ていると、2人とも元気に生まれてくると信じて頑張るしかないなって思えました。

一卵性ってことは、2人ではなく、1人の人間だったかもしれないってことですよね。

双子になったことも、双子を妊娠している予感が当たったことも、神秘的で不思議な経験でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました